電気節約アドバイザー
当社削減事例集
(※事例集はEXCELファイルです。ダウンロードして開いてご覧ください。)
更新履歴

世の中の記事
リンク
リンク01
リンク02
リンク03
リンク04
リンク05
リンク06
リンク07
リンク08
リンク09
リンク10
リンク11
リンク12
リンク13
リンク14
リンク15
リンク16
リンク17
リンク18
リンク19
リンク20


 

電気節約アドバイザートップページ
ごあいさつ
電気削減サービス
電気削減ステップ
皆さんからの質問を掲示しております。
まずはここからお問い合わせをどうぞ。
 

統合失調症|自律神経失調症|心療内科

自律神経は、交感神経が働くときは副交感神経は働かず、副交感神経が働くときは交感神経が働かないというようにバランスを取っている。 自律神経失調症はこのバランスが崩れるために起こることを言います。

バランスを崩す方向は、交感神経がたくさん働きがちになるのが現代の自律神経失調症の特徴です。
そのため、副交感神経が働かなくなるので、動悸がしたり不眠症になったり食欲が落ちたりするのです。 また自律神経失調症は、自律神経失調症 治療 更年期障害や思春期の内分泌系の変調をきたす時期に起こりやすい傾向も見られます。
統計的に見ても女性は自律神経失調症にかかりやすいのです。 これは、自律神経失調症は女性ホルモンが関係しているからなのです。 女性ホルモンは、脳の視床下部というところでコントロールされています。実はこの視床下部では、自律神経の働きもコントロールしているのです。 ですから、女性ホルモンのバランスが乱れると自律神経も影響されてバランスを崩すことがあるというわけです。

自律神経失調症とは?体に何らかの症状が出ているのに、病院の検査で「異常がない」 と診断される病気のことです。近年は増加傾向にあり、自律神経失調症はうつ病へと移行する病気として注意を呼び掛けている。 特にストレスを抱えている方が患いやすく、慢性化すると非常に治りにくくなる病気です。

症状も頭から足までさまざまな症状がでるのが特徴です。自律神経失調症の原因は、自律神経が乱れることです。 自律神経には交感神経と副交感神経とがあり、交感神経は体や脳を働かす神経であり、副交感神経は体を休ませ回復させる神経です。

昼間は交感神経が働くため、脳や体が活動しやすく、夜は副交感神経が働くので眠くなり活動が停止する。 朝に疲れが取れているのは、夜寝ている間に心療内科 神戸が働き疲れを回復させているのです。 ※朝起きても疲れが取れない状態が2週間以上続いている場合は自律神経失調症と思われます。








   
 

 

 

 

   
   
   


   
     





                 会社概要/お問い合わせ/サイトマップ

Copy Right (C) C-Flut inc. 2004-2009, to the dreams and peace of all living thing --- produced by Generic Web