文部科学省、経済産業省、厚生労働省や各経済団体はインターンシップを積極的に推進しており、インターンシップに興味を持つ学生、インターンシップを導入する企業、共に年々増加しています。 若年層の離職率の高さが深刻な社会問題となる中で、学生と企業とのミスマッチングを解消していくための手段としての効果が期待されています。学生にとっては、在学中に就業体験をすることが、自分の将来を見つめていく上での大きなメリットとなります。 企業にとっても、優秀な人材と出会うことだけでなく、企業イメージを高める等、インターンシップの導入は意義が大きいものといわれています。インターンシップ制度は、今後の日本社会において大変注目を集めている制度といえます。

私どもは「営業」と「システム開発」に特化した、インターンシップを行っております。また、さまざまな学生の力を集めることで相互に学びあうというコンセプトの元で運営しております。

       
                 
       
 
Copy Right (C) Generic Solition. 2004-2009, to the dreams and peace of all living thing --- produced