倒産経営者が語ります。 KEN企業勉強会(中小企業の経営管理研究・勉強会)

NO91

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ 7月 27日 ■■ 

■■■最強営業マンになるための103の法則■■■ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

自分の位置と優位性は大丈夫か】


■こんにちは片桐です。


 お客様の前、人前に出るとどうしても思ったことが話せない
 緊張してしまう。


 これでは普段の力が発揮できません。


 普段の力が発揮できなければ当然信頼関係も出来ません。



■ではどうすればいいか



 私もどちらかといえば、
 上がり症ですし緊張する事が多いです。



 営業時ではそこまで緊張する事はないですが


 大勢を前にしたプレゼンなどでは、
 汗がたらたらのこともあります。



 ですがこういった状況で常に私が考えていることは



 「別にこのお客だけではない。」



 こう考えています。



■皆様も考えてみてください。



 必ず取らなければいけない契約は、緊張します。
 ですが取らなくてもいい契約では緊張しません。



 初めての訪問時も同じです。



 (このお客様から契約を取らないと)


 (うまく話をしないと)



 こう考えるから緊張するのであって



 (まあ、どっちでもいいや)



 これぐらいの気持ちだとあまり緊張しません。
 


■そうすると結果いい方向に転がりやすいです。


 試してみてください。




 この方法はいろんなところで発揮されます。


 結局取引でも、恋愛でも優位性が高い方が勝つわけです。



 (つきあいたいつきあいたい、
      では恋愛もうまくはいきません。)



 どちらかといえば



 (どっちでもいいよ)


 のスタンスの方が相手はくっついてくるのではないでしょうか



 商談でも


  (お願いはしながら
   別にあなたは契約しなくてもいいよ)


 こう考えている時点ではお客に負けることはありません。



 粘って、押し込んで契約するのは営業力とは違います。


■最近は駆け引きだけでいえば
 女性の営業が凄い力を発揮してますね。



 今だからではないと思いますが
 生命保険の営業を思い出しますね。


 男も負けるな




また来週

┌───────────────────────────┐
■勉強点                        │
└───────────────────────────┘


■お願いしますになると契約は取れません。
  ビジネス、営業、恋愛
  全てにおいて優位性は何か自分は相手より
  楽な位置にいるかを考えればうまくいく


■駆け引きだけではないという営業も多いと思いますですが
  感情や信頼関係が成り立っているのは
  お願いしているからだけではないから成り立ちます。



■常に始めはイーブンから始まる。
  何で最後は、下になってるの

リンク



 

 

著書紹介