倒産経営者が語ります。 KEN企業勉強会(中小企業の経営管理研究・勉強会)

NO88

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ 7月 6日 ■■ 

■■■最強営業マンになるための103の法則■■■ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【質問コーナー】


■こんにちは片桐です。


 今週は、読者の方からメンタル面でどうすれば?

 こんな質問を頂きました。


---------------------------------------------


初めまして、●●と申します。
いつもメルマガを唸りながら読ませていただいております(笑)
 

質問さて頂きたいのですが、メルマガでメンタルトレーニングの
重要性をおっしゃってました。
 

頭では確かにそのとおりで、トレーニングしなければと思うのですが、
具体的にどうすればいいか分かりません。
 


業種や人によってそれぞれだとは思うのですが、
万人向けのトレーニング方法があればぜひご教授ください。


---------------------------------------------

■皆様の御意見よろしくお願いします。
御意見はこちらまで

ken@cflutinc.com





┌──────────────────────────────┐
■勉強点                           │
└──────────────────────────────┘

■メンタル面でのトレーニングって結局は日々の行動です。


 営業職は、メンタル面で上下してしまう人が多いとは思いますが
 プロの営業になるとメンタル面でそこまで上下する事は
 ありません。


 簡単な方法ですが


■調子がいいとき、悪い時の予定表をいつも見直す。


■売り上げが上がっている人と行動を一緒にする。


 それ以外にも自分の好きなことを行うなどいろいろあるとは
 思いますが仕事面でのメンタル面は


 毎日の行動ですので、自分のプライベートな部分をなるべく
 仕事には入れないというのが原則です。


 プライベートも含めて気持ちが常に上昇できるようになれば
 プロの営業だといえると思います。


■私が一番、重要視している部分とすればデーターです。


 データーは気持ちと違い嘘はありません。


 行動時間はどれぐらいか、商談時間はどうか、雑務の時間は
 どうなのかを常に見直していけばメンタル面では


 駄目な時は何かが減っているか増えているかが直ぐに分るので
 平均で保てるようになります。



■浮き沈みとは、調子がいいときに浮きすぎる。調子が悪い時に
 沈みすぎるのが原因なのでそこを平均化して業務を行う。


リンク



 

 

著書紹介