倒産経営者が語ります。 KEN企業勉強会(中小企業の経営管理研究・勉強会)

NO87

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ 6月 29日 ■■ 

■■■最強営業マンになるための103の法則■■■ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【質問からの御意見】


■こんにちは片桐です。


 先週の質問です。
 http://blog.livedoor.jp/katagiri5/archives/50607966.html


 今週は営業についての質問への読者様の御意見です。

---------------------------

片桐さんこんにちは。

和田と申します。
いつも大変役に立つメルマガありがとうございます。


この質問に対する私なりの考えというか
私が実際にやってきたことを書かせていただきます。



私は保険の代理店をしています。

将来は独立するつもりで
この業界に研修生として入社いたしました。


一番最初にしたことはリストアップです。

自分の知ってる人の名前を片っ端から見込みノートに
あいうえお順に書き並べました。
あまり親しくない人でも名前を知ってる人ならすべてです。


その方々に自分はこんな仕事を始めたんだということを
伝えて回りました。


親しい人の中には自動車保険の満期は何月だからと
教えてくれる方もいました。 


また中には親しかった人でも「保険」と聞いただけで
嫌な顔をする方もいました。 


自分が作ったリストのお客様すべて訪問してしまうのには
そんなに日数はかかりませんでした。


あとは営業職なら必ず会社から毎月訪問リストが回ってくるはずです。
それも平行して回ります。


「1日に○○件回るまでかえらないぞ」
と自分に言い聞かせながらやりました。 



そして契約をいただいたお客様からは
身近な方の紹介もお願いしました。


紹介いただいたお客様には失礼のないように
誠心誠意の対応をしました。


私を気に入ってくれたお客様は生命保険や火災保険など
ほかの種目の契約も任せてくれました。


2年目になると去年断られたお客様にもう一度お願いに行きました。
すると契約してくれたお客様が約30%ぐらいですが出てきました。


契約してくれた理由は主に2つありまして、


1つは熱心さが認めていただけたことでした。

もう一つは1年目の私には信用がなかったみたいです。


契約をしても私がちがう仕事に変わってしまったら
という不安があったそうです。 


1年後に私が再び現れたのでお客様も

「まだ頑張ってたのか、一度まかせてみようかな」という
気持ちになってくれたそうです。


勉強にも力を入れました。
資格試験はもちろん、営業力を付けるための
努力も惜しみませんでした。


効果があったのは
いろんな人の自己啓発テープを聴いたのがよかったですね。


車のステレオに入れて運転中はそれをかけっぱなしにしました。

私の住んでるところは田舎なので
一日のうち最低1時間は車に乗りましたからそうすることによって
一ヶ月間で同じテープを何度も聴け、モチベーションもあがりました。


一度では理解できなかったことでも
何度も聞き返してるうちにわかるようにもなりました。


実践で使えそうなことを聴くとすぐにメモにとって
実際のアプローチやクロージングに使いました。


このような努力によって
3年間の研修生期間を無事に終了でき、代理店として現在に至ってます。


少しでも参考になれば幸いです。


---------------------------


┌──────────────────────────────┐
■勉強点                           │
└──────────────────────────────┘


■何でも目標があり目標を達成する為に努力を惜しまないというのが
  やはり最高の意見ですね。



 営業職でよく見かけるのが

●結果を先に求めすぎる

●無駄な動きはしない。

●やってもいない事を否定する。


 だから駄目なんですね。


 仮に同じ事をやったとしても精度を上げるために試行錯誤
 続けないと駄目ですね。

 ものすごくためになる御意見有難うございました。

 片桐

リンク



 

 

著書紹介