倒産経営者が語ります。 KEN企業勉強会(中小企業の経営管理研究・勉強会)

NO71

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ 3月 9日 ■■ 

■■■最強営業マンになるための103の法則■■■ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【営業で売る目的って】


■あなたは何で営業を始めたのですか?

■あなたは営業で売る事によってどうしたいんですか?


 私は、よく新人研修ではこのような質問をしていました。


 このナゼが明確であれば売れる理由と売る理由が分ります。


 面接ではないので正直に答えてください。



■奇麗事で言えば

「会社の発展の為。」

「自分の向上の為。」


 などの目的もあるかとは思いますが


■ほとんど営業職に初めにつく目的といえば
 お金とステイタスと出世です。


 これは、ずべて自分の為の欲望です。


 これでいいんです。


■初めから分けわかんない事を言っているよりは、ストレートな気持ちを
 そのまま営業にぶつけた方がいい結果は出ます。


 人の為、会社の為、は自分が上の役職にでもなってから考えれば
 いい事で初めからこんなことを考えているといつまで経っても
 売れないし、自分に常に言い訳ができてしまいます。


■会社の為だといっていれば自分が売れなくても会社の売り上げが
 良かったから貢献できた。


■また売り上げのある人のいいサポートができた。


 これでは、単純に使われただけです。


 会社では、そんなの評価のひとつにもなりません。


「売れないから他の事を一生懸命やっても会社にいたいんだ。」


 これぐらいにしか思いません。


■営業業界ではいつの時代も売っている人間が凄いんです。


 フォローはサブです。



 サッカーでも野球でもスーパーサブといわれる方がいますが
 結局はサブです。レギュラーではありません。


 日が当たらないところで日陰ぐらしです。


■でもこれは、元々レベルの高いところでの話ですのでスーパーサブ
 でも何とかなるわけで普通の会社でサブだと思われている段階では
 会社からすればお荷物だというわけです。


 引越しでもすれば捨てられる存在だという事を認識しよう。


■ここまで認識できればいかに売れるありがたみが分ってきます。


「俺は本当は、営業職には向いてないんだよな。」

 とか

「自由な暮らしが欲しいな。」
「何で営業なんて大変な事をしてるんだろう。」


 この時点でアウトです。


■「営業職に向いてないなら向かせればいい。」

■「自由な暮らしが欲しければ掴み取れ。」

■「営業なんて大変な事をしてるから人より一歩先に進めるんだろう。」


  全て前向きで今日も頑張ろう。


┌──────────────────────────────┐
■勉強点                           │
└──────────────────────────────┘

■サブはあくまでサブです。


 全ての言葉に前向きに発言しよう。そうすれば自分への言い訳が
 なくなります。

 営業職では自分の頑張り次第で上にもいけるしレギュラーも
 勝ち取れる最高の職業です。


■せっかく努力をするならいい努力をしよう。

■日陰の努力をしているうちはサブだという事を覚えておこう。

リンク



 

 

著書紹介