倒産経営者が語ります。 KEN企業勉強会(中小企業の経営管理研究・勉強会)

NO68

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ 2月 16日 ■■ 

■■■最強営業マンになるための103の法則■■■ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【自由な時間が欲しい。なんだそりゃ】


■こんにちは片桐です。


 最近営業の方と話していて分かった事がありますので今回は
 その事を中心に書いていきます。


■営業職の方で、売れてない人に限って会社の悪口や上司の悪口
 ばかり目立つ方が多いです。


 その中でこんな会話ですが


営業 「私の会社は、以前歩合給でしたが業界の景気と会社の方針で
    固定給になってしまいました。」


営業 「しかも固定で月に30万円ボーナスなし、時間は相当長い。
    どうしたら良いですかね。」


私 「会社で月に30万以上の働きをしているなら社長に交渉すればいい
   売れていて会社も必要としてくれているなら給料も考えてくれるの
   ではないか。」


私 「それでも駄目ならその会社は辞めればいい。但し売れてなければ
   文句は言えないけど。」
  


 こんな会話を延々と続けていましたが



■もう一方でこんな話も聞きました。


営業 「自由な時間がなるべく欲しいし、自分と言うものを持っていたい
    ので、そこまで働かなくてももう少しは給料が欲しい。
    今のままでは自分の事は何もできない。」


 何だか聞いていて疲れそうな話ですが



■私の意見としては


 営業だったら、まずは稼がなければ営業をする意味が無いし
 自由な時間が欲しければ売って出世すればいい。


 それが嫌なら他の仕事をすればいい


 非常に簡単な見解です。



■そして初めの固定給という事ですが、以前ブログでも書きましたが
 年収360万円の営業では、はっきり言って駄目営業です。


 その仕事に、収入以外の目標や生きがいがあるなら別ですが
 収入というのが一つのバロメーターになるなら、早くに交渉するか
 別の会社に行くべきです。


 そのことでうつ病になるぐらい悩んでいる時間が勿体ない。


 結構シンプルに考えれば答えは何個かしか選択肢が無いんだから
 決めてしまえば良いと思います。


 決めたらとことん結果が出るまでやる。


 一番よくないのが、何も解決せずにうじうじ人に話している事です。



■もう一つの自由な時間ですが


 子供と一緒で、自分でまずは決められない状況の場合は人に
 決めてもらうしかないんです。だから自由なんてあるわけが無い。


 だから子供は親が決めた内容を、ひたすら信じてこなしていくわけです。


 子供も塾に行く、習い事に行く、そこで初めて自分で自転車でいける
 ようになり判断が少しでもできるようになるから、少しの自由が与え
 られるわけでそこまではひたすら頑張るんです。


■自分で、できるようになるまでひたすら頑張って認めてもらわなければ
 自由は無いのではないでしょうか


--------------------------------------------------------------------
【勉強点】
--------------------------------------------------------------------


■プロセスも大事だがまずは結果を出さないと意見なんて
 とおりません。


 ひたすら意見を通す為に、または目標を達成する為に今頑張る事が
 自由を掴む事かもしれない。


■ただ実際は、掴んだ後も自由ではなくいろんなものに縛られていくから
 結果が出るんだと思います。


 結局は自分で選んで判断できる事が、自由という事ではないでしょうか

リンク



 

 

著書紹介