倒産経営者が語ります。 KEN企業勉強会(中小企業の経営管理研究・勉強会)

NO56

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ 11月 24日 ■■ 

■■■最強営業マンになるための103の法則■■■ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【スーパー営業マンからの教え】


■こんにちは、片桐です。

先週はスーパー営業マンに何を教わったのかと言うところで
終わりましたので、その続きです。


■初めにスーパー営業だの、最強営業だの何だか
ヒーローのような名前ですが営業の業界で


この定義は、


●とにかく一番売れる。


●売り上げが一番凄い


●伝説がある。


このようなことが定義です。ですのでこれに当てはまる方は
自分で最強だとかスーパーだとかどんどん名乗った方が良いです。



では私が何をこのスーパー営業から学んでいったのか


まず最初に

■自分で客を選ばず、どのお客でも契約を取れるようにする。


■細かい仕事も行う。


■メリハリをつけ仕事の時間は怠けない。


基本的なことはこんなことを学びました。




■まず初めに客を選ばないと言う事ですが、
これはどのお客でも会話を作り素早く契約をする。

これができる事により契約率が上がり成績ではトップを維持できる。


ということはそれこそ政治の話から子供の話、金融、虫の話と
きりが無いほどの会話ができると言う事です。


私はこの頃この方の話を聞いていて疲れる部分はありましたが
実際問題で契約率は8割から9割の契約率でしたから


文句も言えない


とにかく雑学的な知識は半端ではありませんでした。


■この方からまず最初の教えで
私は新聞を読むことができるようになりました。


付け加えますとスーパー営業マンは仕事の前に朝早く起きて
新聞などは読んでしまいます。


仕事中に読んでるようでは駄目ですよ。




■次に細かい仕事も行う。


これはお客様の細かい仕事もそうですが、社内的にも細かい作業を
行うと言う事です。


この方からの教えでは

「社内には見方が多い方がいい。
売り上げが上がればそれだけ忙しくなる。そのときにどれだけの
見方がいるかによって継続した売り上げが変わる」


1回だけの売り上げではなく継続して1番を取る為には、
社内に見方を増やす事です。




■最後の基本事項ではメリハリをつける


これは仕事中は、サボらずに終わりにするならサッサと
会社から帰って遊べと言う事です。



営業職ですと外でちょっと遊んでは、すこし遅めの帰社
こんなことも多いと思います。


上司に少しでも働いている雰囲気を見せなければいけないので
帰社が遅くなります。


そうするとどこかで昼寝や遊んでしまうことが起こります。


■現に私も昼間に遊べるのがこの営業の醍醐味かな

こんなことまで思っていましたがスーパー営業の教えでは
昼間に遊んでいるのは無駄だと言う事です。


遊んでいるなら素早く帰る。


この方が私の営業所に着てからは今までは遅いのが当たり前でしたが
仕事が無ければ帰ろうというリズムになり


皆の成績が向上していきました。


今週はスーパー営業から教わった基本事項でした。


--------------------------------------------------------------------
【勉強点】
--------------------------------------------------------------------
今週は基本的なことではありますが

■自分で客を選ばず、どのお客でも契約を取れるようにする。


■細かい仕事も行う。


■メリハリをつけ仕事の時間は怠けない。

この3点を守って仕事をしてみてください。

リンク



 

 

著書紹介