倒産経営者が語ります。 KEN企業勉強会(中小企業の経営管理研究・勉強会)

NO5

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ 12月 9日 ■■ 

■■■最強営業マンになるための103の法則■■■ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■まずは契約を取らないとリピートもない

◆会社の大小はありますが 
「クレームになるから契約しなかった」とか
上司などは、
「無理な契約はするな」など
「リピートアフター重視でいけ」などと言われることがありますが

◆私は、その意見にいろんな意味が含まれてると思います。

ただあなたが最強を目指すのであれば、まずは契約することを勧めます。
契約しなければ、そのお客さんとは縁がなかったわけですし 
リピートアフターはありません 
◆例えば
 「今回の契約は他社でしたが、
 この次は当社でやってくれるとのことです
           私結構気に入られてるみたいです」 

こんな話も聞くことはありますが、契約を取れなければ次はありません。 

他社が失敗するのを待つだけです。

◆今の時代では次の契約までに自分の会社が無くなってるかもしれません。
最強営業であれば、必要なことです。

会社の幹部経営者の方には、この話は見なかったことにしてください。

━━━━━━━━━━━━━━━

■会社の名前だけでは契約は無理

◆会社というのは自分を守ってくれます。
それと同時に自分は会社のために利益を上げなければなりません。 

会社がすばらしい会社であると
営業に行ったとき
個人個人が、かすんでしまう事もあります。
ですが最強営業はその中でも光らなければなりません。 

◆名前も覚えてもらえないが商品名と会社名は覚えられてるなんて
営業の方もいませんか?
この方は、
今売れてたとしても会社の商品のライフサイクルが終われば売れません。 
当たり前ですが名前で呼ばれるようにしましょう


リンク



 

 

著書紹介