倒産経営者が語ります。 KEN企業勉強会(中小企業の経営管理研究・勉強会)

NO48

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ 9月 29日 ■■ 

■■■最強営業マンになるための103の法則■■■ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【訪問販売で半年間】


■こんにちは片桐です。

私は20歳の頃訪問販売で半年働きました。
その内容を書いています。


毎日毎日が売れて収入はUPしていきますが

ほとんど機械のように働きます。

アポイントを取り

夜に気合を入れてつめに詰めまくる。

◆このつめるという事ですが
意味は(押して押して契約を取るということです。)


この契約をとる作業が一日のストレス解消だった気がします。




ですので





取れないときは


◆夜の12時にピンポーン


今から考えれば信じられません。

■ですが営業のプロと言うか訪問販売のプロの方は
よる訪問をしても大丈夫な家を把握しています。

また警察が出てきてもあまり気にしていません。


凄い神経の持ち主の集まりでした。


なぜそこまでの神経があるのか
私はその頃先輩に聞いてみました。



■返ってきた返答ほとんどが多額の借金があるとの事です。


私も借金はありましたがこの方たちに比べれば
なんでもない額でそのプロの営業の方たちは


「お金を稼がないといけないからほかの事は考えない。」

「それに命を獲られるわけじゃないから何でもやれば良いんだよ。」


こんなことを言っていました。

何だか頼もしいというか人生の荒波を見せられた気がしました。


■こんな先輩の中で少しの期間ではありますが私は営業の
基本を教えていただきました。




■ここで面白い営業の方法をお伝えします。


1.とにかく早く大きな声で話をし相手を圧倒する。

その後で

営業「こんな内容です。」

お客様「全然分かりません。」


営業「それではゆっくりと話しますので良いですか。」


お客「はい」


これだけの内容でもおかしな営業手法だと思います。

ですがプロの営業は

まずお客が理解して聞く体制を作らなければいけない
これが基本です。


聞いてくれさえすれば後は任せておけ。


どうでしょうか

少しは勉強になりましたか

--------------------------------------------------------------------
【勉強点】
--------------------------------------------------------------------

◆営業は図太い神経を持とう。


◆営業職で働いているうちはどんどん試していこう。
この試した事が多いほど上司になって役に立ちます。


◆試すという事は常識も覆しながら試す。誰もが良いということは
誰でも試しています。



リンク



 

 

著書紹介