倒産経営者が語ります。 KEN企業勉強会(中小企業の経営管理研究・勉強会)

NO43

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ 8月 25日 ■■ 

■■■最強営業マンになるための103の法則■■■ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■こんにちは片桐です。

私は20歳の時に営業業界に入りました。

その頃自分でも営業の業界に入るなどとは考えていませんでした。

何故か?



■営業の業界は大変だ。

■お金は良くてもノルマが厳しい。



こんな周りの話でした。

私自身そのころ営業がどうとか考えた事もなくまずはお金が稼げれば
そのぐらいにしか考えていませんでした。

そして
その当時は水商売などもお金が稼げる時代でバブルが終わった頃でした。

水商売で稼いでも良いかなと考えていた部分もありましたが
お金も当然必要ですが何か職に就かなければという気持ちもありました。

■そんな時

車での事故、女、等多額の借金を背負いました。

そこからが人生の転機でした。

今でも頭の片隅からも離れない言葉が先輩から頂いた言葉ですが


■「お前は学力も学歴もないんだから水商売か、力仕事か営業しかない。」


私はこの言葉どおり水商売と、力仕事は経験があったので残りの
営業職に就くことを決めました。


--------------------------------------------------------------
【勉強点】
--------------------------------------------------------------


■こんな感じで営業職に就いたわけですが、
人生の転機とはこんな感じで変わっていくのだと思います。

もしあなた様が

営業で迷われたりどうしようかと考えられている方がいらっしゃれば
ぜひ

営業職に就いた動機また目標など今一度思い描いてみては
どうでしょうか

きっと今後の営業が楽しくなってくるはずです。

リンク



 

 

著書紹介