倒産経営者が語ります。 KEN企業勉強会(中小企業の経営管理研究・勉強会)

NO23

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ 4月 7日 ■■ 

■■■最強営業マンになるための103の法則■■■ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■相手に興味を持たせる

■自分のことを相手に伝えることは簡単なようで難しいものです。
なぜなら人それぞれの感性があり基準もあるからです。

その基準を2,3回会ったぐらいでは、
変えることも分かってもらうことも難しいものです。

ですがお客様が営業に興味を持って頂くという事はできると思います。
また営業であれば興味を持ってもらわないといけません。

人間的な興味もひとつです。

もうひとつはそのお客さんにとって
その営業は利益があるかどうかです。

もう1度会ってみたいと思わせる必要があります。

■そのためには情報量が必要です。

その情報がお客さんにとって有益であれば
また会いたいですし
意味がなければもう会わないとなります。

■特にお客様の利益になる話をしよう。
これはなぜかといいますと
相手が社長又は旦那さんであったとしても

皆さん忙しいですから雑談をしている暇はあんまりありません。
雑談は次回からまた最後に少しぐらいで十分です。



◆次に何を話すかですが

当然お客さんは業界が違うわけですから
自分の業界の話が良いかと思います。

そしてその情報は新しい情報が必要です。

◆そして一番重要なことで興味を持ってもらうには

営業がまだまだ情報を持っている。
又、面白いなどのことが必要になります。

次にまたあってみたいと思う人は
奥が深い人ではないでしょうか

1階の訪問で全てを話さず次回にとっておき
引き出しを、沢山持つようにしましょう。

そうすれば向こうから引き合いはやってきます。

リンク



 

 

著書紹介