倒産経営者が語ります。 KEN企業勉強会(中小企業の経営管理研究・勉強会)

NO12

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■ 1月 20日 ■■ 

■■■最強営業マンになるための103の法則■■■ 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■【客は自分たちのどこを見ている】

お客様は営業のどこを見ているか 顔 容姿 話し方、全て見ていますが、

一番は、 お客と空気 波長が合うかということです。

どんなにすばらしいことを話して、容姿もよく、しゃべり方が、完璧でも 
皆さんもどこか合わないという体験はされたことがあると思います。

声の大きさ 声の質
そんなことでも人は嫌になります。 

◆最強営業マンは、自分からいやだと重い跳ね除けない限り
お客様に合わせられます。

そしてお客様が好むスタイルを会話の中から見つけ出していきます。 
これができれば 最強営業マンです。 
 

■【集中力をつける】
  
集中力は日ごろから練習しておかなければなりません。
よく売れない営業の方が上司から言われてることで 
「何で聞いてこなかったのか」
「何で見てこなかった」
など言われてみればそうだ という事が数多くある事だと思います。

実際に練習では、うまくいく。
だが本番では何か忘れてしまうというのは集中力が足りないからです。 

集中力をつける事により
お客様の「声、動き」が良く聞こえるようになります。

後お客様との話が頭に浮かび 
話のメリハリもつき忘れてはいけない事が頭に出てくるようになります。

◆売れてない人は意外とお客様の話が聞けてないだけかもしれません。

リンク



 

 

著書紹介