ブロガー

ギャルママのギャルブロガー急上昇中

子を出産し、育児を行う母親になったギャルのことをギャルママと呼ぶ。
iphoneでブログをやっていることが多く、ママブロガーが急増している。
近年では2010年に発足した日本ギャルママ協会に所属している人もいる。
ギャルから実業家となった藤田志穂が2009年より行っているプロジェクト。
都心から地方に向けて農業を行う人材を育成しようと「ノギャル」というプロジェクトを発案し、
藤田は一旦代表取締役を辞任してこのプロジェクトに動いた。
語源は「農 + ギャル」である。
この都心から地方に向けて農業や林業などに派遣を行うビジネスモデルは次第に定着しつつあり、
実際に藤田の行いはギャルを含めた若者の農業に対する認識・関心が僅かずつではあるが高まりつつある。

2010年には派生系として「ウギャル」(魚/海+ギャル。漁業)が現れた。
ギャルファッションにおける時代毎の変移と流行初めてこの言葉を聞いた時は、言葉の意味が理解できなかった。
「きただけ」という名字かと勘違いしてしまったくらいだ。“きただけさん”とは『着ただけさん』と書く。
要するに衣装を着ただけの人の事だ。
これをコスプレイヤー達は“きただけさん”と呼び、コスプレイヤーではないとして区別している。
私の感覚では、キャラクターの衣装を着たらそれはコスプレだと思っていたが、
どうもそれはコスプレイヤーにとってはコスプレと呼べないものらしい。
コスプレイヤーによってどこから
“きただけさん”からコスプレイヤーへの境界が分かれるか基準はまちまちだが、衣装を着るだけでなく、
最低限そのキャラクターに近づくようにメイクをすることが殆どのコスプレイヤーの共通の条件になっている。
中にはキャラクターに近づけるためにカラーコンタクトが必須条件というコスプレイヤーもいるくらいだ。
ただ、カラーコンタクトは体質の面の問題も有るために、条件から除外する人が多い。
コスプレとは、衣装を着るだけでなく、
コスプレするキャラクターに自分自身が近づく努力をすることが重要になってくる。
そこで誰でもできる努力というのがメイク→化粧というわけだ。
これは男女や体型など関係なくできる努力である。
この化粧という行為もコスプレが女性社会として成り立ってきた大きな要因の一つだ。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です