検索エンジン

検索エンジンに優しいサイトとは

前章までの解説で、インターネットマーケティングの基礎の基礎、それは「どのようなキーワード」で検索エンジンの上位表示を狙っていけばいいのかをということをご理解いただけたと思います。
この章では、そのキーワードを用いてウェブサイトを作っていくには、どのようにしたらよいかということを解説していきます。

いくら良質のコンテンツを作っても、それが検索エンジンに反映されなければウェブに存在しないのとまったく同じことです。SEO 対策 無料 SEOとは先に示した通り、検索エンジンにとって読みやすいサイトに作り替え、希望のキーワードが検索されたときに、検索結果の上位に表示させる技術です。
そもそも検索エンジンが検索結果を表示するためには、ウェブを巡回しながら数あるサイトのコンテンツを解釈し、抽出し、その順位を表示しているため、検索エンジンに読みやすい構造にする必要があるわけです。
ここでまず、検索結果がどういうシステムで表示されるかを見てみましょう。検索エンジンはクローラーという自動巡回プログラムを使って、世界中のホームページ情報を収集してデータベース化しています。SEO キーワード
SEO対策とは、このクローラーに巡回してもらいホームページの内容をデータベースに登録してもらうことから始まります。SEO 対策 無料ホームページの内容とは、URLやページに記載している内容(文章やタグ)などをそれぞれの特徴毎に解析、分類して検索しやすいデータに変換したうえで、データベースに格納していきます。
そして、検索ユーザーからの情報(検索キーワードの送信)に対して、アルゴリズムを用いて、表示順序に並べ替えて検索結果に反映させています。
大切なことは、まずは検索エンジンが理解しやすい構造になっていることであり、サイトを更新した時にいつでもデータベースにすぐに登録できる状態になっていることが最優先とうことす。ウェブにキーワードを挿入することや、外部リンクの獲得よりも、まずは検索エンジンにとって理解しやすいウェブを作ることがSEOのはじめの一歩と言えます。

では、クローラーはどのようにあなたのサイトに辿り着くのでしょうか。SEO 成功報酬詳しくは次章で話をしますが、クローラーは新しいホームページのデータ収集を定期的に自動で行って、世界中のサイトを巡ります。そして、そこに書かれた情報をデータベースにため込む作業をしながら、もしそのページにリンクがあればそれを辿って新しいサイトを見つけ出します。
あなたが新しく作ったサイトや新しく更新したページがインデックスされているかどうかを確認するためには、あなたのホームページアドレスの前に下記のように「site:」をつけて検索してみてください。これはYahoo!JAPAN、Googleともに検索できます。

site:http://www.ooooooo.ooo

また、クローラーは一度サイトを見つけると、定期的に訪問するようになります。ページの内容に変更があればデータベースの内容を更新します。検索エンジンは、常にアップデートな情報を検索結果に反映させようとしています。そのためにはなるべく頻繁に巡回をすることが望まれるのですが、世界中すべてのサイトにそれを行うのは非常に困難です。格安 SEO 対策
非常にアバウトな言い方にはなりますが、クローラーは頻繁に更新されるサイトほど巡回する頻度が高くなりますし、多くリンクがされているサイトであればそれだけ巡回されるチャンスも多くなるということになります。
さて、先ほどクローラーが巡回してきたときに、そこに書かれている内容が読み込まれやすいほど、検索結果には有利に働くという話をしました。特に、検索エンジンが読み込みやすいHTML形式のテキストで書くことが望まれるわけです。
SEO 見積もりそのために、折角ウェブに到着してクロールを開始しても検索エンジンには理解しにくいFlashやJavaなどのコンテンツでは認識されることはありません。
確かにFlash等を使ったデザイン性の高いサイトは数多くあります。グーグル SEO対策 集客 しかし、そのようなサイトを「検索エンジンマーケティング」の側面から判断すると、「検索エンジン」の検索結果に反映されないサイトは何の利益も生み出すことのできないサイト。言わば、山奥に自動販売機を設置するようなものと言っても過言ではありません。
つまり、検索エンジンに検索されるサイトであり、特定のキーワードで検索上位に表示させる事ができるサイトを制作することが重要になるということです。
SEO 上位表示もっとも検索結果の順位がどのように決定するか、詳細は各検索エンジンの企業秘密ですが、第一章でも述べた通り、検索エンジンはユーザーにとっての有益な情報の提供を第一に考えているため、そのページがキーワードとどれだけ関連があるかということ(キーワード関連度)と、そのページがそのキーワードにどれくらい重要な情報を提供しているか(ページ重要度)ということが順位決定の大きな要因となっていることは間違いありません。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です