恋人募集

恋人探しています!

■結婚相手・恋人探しています

社会人との出会いを望み、婚活パーティーに参加しました。大学生って意外と社会人との出会いがないですもんね。
合コンもいいんですが、ただ大学生と合コンしたいというだけで真剣な気持ちじゃない人が多いんです。
私は真剣に年上の方と交際をしたいので、勇気を出して婚活パーティーに参加しました。
やっぱり婚活パーティーに来る人は真剣に結婚を考えている方が多いのでとても紳士的でした。
結構声もかけてもらったので楽しめました。最初は若いね。なんて言われるだけでしたが、きちんと話していくと私のことを真剣に考えてくれる人も何人かいました。
大学生だからとか最近の大学生は…と言われると気分悪くなりますもんね。でも今回はそういった方がいなかったのでよかったです。
ただ中々私の理想とする結婚相手が現れなくて…。結婚どころか恋人との交際までの道のりは遠そうです。
次は結婚相手インターネットから探してみようかな。意外と理想の相手に出会えるらしいですよ。
理想の結婚式場ってのもありますからね。基本的には女性が決めているものですよね?
まあ、男性の意見よりは女性優先のことですよね。結婚式場のことも少しネットで探してみようと思います。

つい先月、幼馴染の親友が結婚しました。26歳同士の結婚です。しかも高校の頃からずっと付き合っていた二人の結婚です。なぜ今まで結婚しなかったのかと思うほど長い付き合いですよね。
半年くらい前に実際に入籍を済ませ、その後結婚式の準備をしていました。親友として私もお手伝いをしたのでよく覚えてます!
結婚式の準備は、結婚式場を探すことから始まり、ウェルカムボード、余興、音楽等々!新郎よりも結婚式の準備やっていたはず(笑)。

本当なら結婚式場を探すのは二人でやった方がいいと思いますが、新婦の熱い厚い希望で結婚式場を探したのは楽しかったですね。新郎そっちのけでパソコンにしがみ付いて探しました。
私が一番力を入れたのはウェルカムボードでした。ウェルカムボードは、小さい頃から約束していたことで、新婦と私、お互いの結婚式のときにお互いが用意しようと決めていました。
もちろん初めて作ったウェルカムボードでしたが、新郎新婦の似顔絵を大きく描いて温かみのあるものにしました。制作は約3週間かかっている自慢のウェルカムボードです!

余興用の写真を用意したのも楽しかったですね。新婦とは本当に思い出がいっぱいで、写真も数え切れない量があるので、選ぶのが大変ですごく時間がかかりました。
写真はいまや定番のスライドショーで使う写真でした。スライドショーは思い出の曲と共に流れて、感動するシーンになりました。スライドショーは私が結婚式を挙げるときもやりたいなって思います。
結婚式に参加できなかった人から送られたビデオも楽しいですよね。知らない人が映ってても、それは結婚式。すべて面白かったりほっこりしたり。私も参加できないときはビデオを送りたいなと思いますもん。

ワクワクの二次会も盛り上がりました。新郎新婦へのサプライズも成功して、ビンゴ大会も盛り上がって、楽しい二次会になりました。ちなみにビンゴ大会の景品は、結婚式の二次会とは思えない豪華さで会場が興奮していました。
自分のことのように楽しかった結婚式は無事に大成功で終わりました。結婚式場探しは新郎に気まずかったけど、手作りのウェルカムボードも喜んで貰えたし、スライドショーも良いものができたし、結婚式の二次会も笑い溢れる楽しい時間でした。
親友の結婚を見て、私の結婚への憧れは更に強くなりました!最近は結婚相談所もたくさん聞きますよね。結婚支援を受けることは一般的になりましたよね。
結婚相談所に行くなんて毛頭無いと思っていましたが、まさかの婚活をしに行っちゃうかもしれないですね。彼女が結婚したことで私も幸せですが、私自身も結婚の幸せを感じてみたいです。

芸能界に入って人生が変わりました

私は高校生の時ある雑誌にちょっとだけ出たことがあるんです。読モといっても雑誌の1ページの片隅に街のスナップ写真として掲載される程度で名前も全然掲載されない程度でしたが。
高校生の時放課後渋谷を歩いていて偶然撮影に居合わせたんです。スカウトされて雑誌に掲載してもらうことになりました。それから毎月撮影に呼ばれるようになって。
撮影といってもスタジオとかでなく渋谷の街とかが多かったんですけどね。でも当時はその雑誌に載ることがステータスだったので嬉しかったし学校でも自慢でした。
後輩の子が雑誌見ました!と言って持ってきてくれるのがとにかく嬉しかったんですよね。でも私が1ページ大きく載ることはなく卒業しました。
表紙を飾ったりテレビやCMに出演するぐらい出世するモデルの子ってもともとスカウトされている場合が多いんですよね。
芸能事務所に入っていて結構小さい頃から活躍している子も実はいるんですよ。で雑誌で人気が出てテレビデビューっていうのがお決まりみたいです。
なので私みたいなのが成功するのは本当に難しい世界なんです。当時はそのことに気付かなくて…。いつかもっと有名になれるかな?と思っていました。
事務所へのスカウトの話もあったんですがアルバイトや勉強に忙しかったし、大学進学するという夢もあったので断ってしまったんです。
今思えばあの時断らなければとよく思い返します。チャンスは2度来ないとよく言いますがまさしくその通りだったなって思います。
卒業してしまってからは世代交代といった感じで撮影には呼ばれなくなりました。そして今大学生活を送っています。
サークルだったりキャンパスライフはとても楽しいんですがやっぱりモデルへの夢が諦めきれません。
そこで渋谷や原宿でスカウトや撮影待ちをしたりカットモデルに積極的に挑戦したりと自己アピール頑張っています。
やっぱりチャンスは待っててもやってこないですよね。自分から掴みにいかなくちゃ!

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です