軽井沢

軽井沢 貸別荘 特集 おまけでタトゥーも

こんな記事を書いていますが、私はいま車の後部で運転に揺られています。実はいま軽井沢へ向かっています。
父と母と弟と、約5年振りの小旅行です。
向かうは軽井沢の別荘です。別荘と聞くと、聞こえはいいですが貸別荘です。
父が軽井沢が好きなので、つい2、3ヶ月前に貸別荘を借りることを思い立ったそうです。
そんなときの父の行動力だけは最強かもしれません。母は「軽井沢いいわ〜」と言って、こういうところは父に大賛成のようでした。
避暑地として有名ですが、都内からも行きやすく最高の土地ですよね。なので、我が家は小さいころから旅行となると軽井沢という率が高かったようです。旅行の思い出は軽井沢が多いです。

軽井沢へ向かう車中、スマートフォンでこれを打っていますが、なかなか気分が悪くなってきました。
当然ですよね。到着までまだかかりますが、どんなタトゥーを入れようか弟と話してみようかな。弟もきっと賛同するはず。
父と母は大反対なはずですけど。

先日大阪市でタトゥー・刺青問題がありましたよね。
果たして本当にタトゥー・刺青をしている人を、公務員に相応しくないとして処分していいのかどうか、
その問題は置いておいて。というか、都民の私からするとなんとも思わない問題ですね。
私の生まれるずっと前の自由とは程遠い世の中があり、いま自由な風潮があるのは、
その私の生まれるずっと前に自由な社会にしたいと思った方たちが作り上げてきたことのはず。
その方たちの子や孫が、“自由すぎる”と言うのもまた理解できる。あと一歩大きな自由社会になっていたら、
大阪がタトゥーで騒ぐことはなかったかもしれませんね。
タトゥーがあっても途轍もなく仕事ができ、途轍もなく道徳のある人だったらどうするんだろう。
外見で決め付けるなんてしてはいけません、と子どもたちに教えている人はどうするんだろう。

置いておくと言いつつ結局少しだけ話してしまいました。
そんな私はタトゥーに憧れている人間のひとりです。中高生のころの少しやんちゃな物事に憧れた頃、
いずれはタトゥーを入れたいという願望を持つ人は少なくないはずです。
『タトゥーはかっこいいから入れたいけど、温泉に入れなくなる』や『入れたいけど痛いことに耐えられるか』なんてことを、
深夜のファミレスで話すのが中高生ですよね。
憧れといいますか、そこまで多くの人がやっていないことをするということへ羨ましさがあるのでしょうか。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です