ほくろはチャームポイント

ほくろはチャームポイント

ほくろはチャームポイント

ここ数年の健康志向が強くなった時代の雰囲気も手伝ってか、美ジョガーと呼ばれるジョギングをする人の急増や、はたまた数年前までは女性=エステサロンから整体やマッサージ等へ通う人が増えたそうです。
マッサージや整体も他力本願ですが、昔とはまたちょっと違う志向のようで、自ら身体を動かそうとするような方向が見えるような気がします。
今でもそれはそれで他力本願には頼りたいとこではありますが、ヨガ・ピラティス等のブームや朝活、自転車ブームやジョギング等男女共にアクティブにうなってきた傾向が伺えます。
経済の悪化もあるのでしょうか、遊ぶよりも運動のような図ができつつある感じでしょうか。

それに女性には欠かせないサプリメント系も、最近では自分に合った調合のサプリを作れる等の進化を遂げています。

女子力と言っても捉え方で色々とありそうですが、内面外面もそうですし、マナーやインテリジェンスのようにも分けられるでしょう。
着物の着付けを学ぶ女性や、語学を学ぶ女性、そしてとにかく女性が会社の一員として働いていることが普通になり、そんな女性たちが自分のレベルを高めようという志が高いと伺えます。
女性目線というのが重要視されているなんてキーワードはどんな本にでも書いてありそうなことです。
ライバルは男性という時代も実はもう過去のものになり、女性は海外へ目を向けているのかもしれません。当然、男性の語学勉強も増えてはいると思いますが、女性のパワーは男性の倍はあるのではないでしょうか!?(笑)

日本の企業の面接に外国人が増えていることはもう有名な話です。女性も男性も追いつけ追い抜けでレベルを上げていかないと、日本人で日本なのに取り残されるなんてことがあるかもしれません。

話が飛躍しすぎてしまいましたが、女子力は美しさの意味が幅広いということです。健康面、容姿、知的、作法、総合して女子力が身についたらもう日本に敵はいないかも!

■ほくろはチャームポイント
ほくろがたくさんあることやほくろのある場所についてとても悩んでいて、
それがコンプレックスになっている人はたくさんいると思います。
でもそのキライなほくろも、他の人から見ればチャームポイントに思われている場合もあります。
例えば口元のほくろは大きくて目立つからキライと思っていても、逆に口元のほくろがセクシーに見えると思っている男性はたくさんいます。

ほくろ美人の代表ともいえるマリリン・モンローがそうです。
男性だけでなく、女性から見てもとてもセクシーに思えました。
またトップモデルのシンディー・クロフォードの口元のほくろもセクシーで、
セックスシンボルであるとされ、彼女を真似て口元にほくろを描くアメリカ人女性がたくさん出現したそうです。
日本でも女優の沢口靖子さんや中谷美紀さん、柴崎コウさんが口元にほくろがあって、宮沢りえさんには目元に泣きぼくろがあるように、
彼女達もほくろ美人の代表として男性にも女性にも親しまれています。
このように自分では、嫌だと思っているほくろでも、実はチャーミングポイントの一つだったりもします。
ほくろは体の一部であって、その人らしさを一番よく表している部分でもあります。
ほくろ取りを行うことは決して悪いことではありません。
むしろそうすることによってポジティブになれるのであれば、大いにやってほしいと思います。
でも施術後にほくろの良さに気がついて後悔するというパターンもありますので、
ほくろ取りをする前に自分のほくろをもう一度よく見て、じっくり考えてからほくろ取りを行うかどうか決めることをおすすめします。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です